本文へスキップ

セックスに自信がない、正直なところ良くわからない・・。それはキチンと習ってないからです。セックスライフ向上委員会

電話でのお問い合わせはTEL.03-5474-3933

〒106-0032 東京都港区六本木4−8−7 5F

フリーセックス倶楽部の茶会特設ページ

 『フリーセックス倶楽部』との出会いは、インターネットを介したオンライン上でのハプニングから始まります。最初は、ひとつの読み物として捉えてもらうだけで十分です。しかし、その先に、リアルの世界があることに気が付くことになります。なぜなら、それは、単なるフィクションとしてのコンテンツではなく、現実の世界を映したものだからです。楽しい会話の先にある男女の関係もあります。肌と肌を合わせることから始まる出会いもあります。それは、リアルの世界で感じる生活と性活、そのものです。出会いと交流、それを実現することも、フリーセックス倶楽部の目的のひとつです。

 フリーセックス倶楽部が提供する主たる交流空間を、『茶会』と呼んでいます。それは、フリーセックス倶楽部が提案するコンセプトに賛同してくれる女性と男性が集い、リアルの世界で交流するための会員制の非日常空間です。時々、ブログやメールを介して、“茶会は乱交パーティーですか?”という質問が寄せられますが、答えはNOです。茶会は、ひとりひとりの頭の中に存在するセックスを具体化する場所です。だから、茶会は茶会です。ただひとつヒントを示すとしたら、“挿入するだけがセックスではない”ということです。

 女性がイメージするセックスがあって、その実現、体験をサポートしようとする男性がいる。それを茶会と読んでいます。分かりにくいですか? そうであれば、ここから立ち去っていただき、出会い系サイトの門をたたくか、風俗店を探すことをお勧めします。フリーセックス倶楽部での交流は、かなり面倒で、回りくどいものです(^^♪。

 ただ、そうは言っても、私たちも、『茶会を分かりやすく説明、紹介するための方策』を考えることを放棄したわけではありません。それなりに努力は続けてきたわけで、そして、たどり着いたひとつの方法論がありました。それが・・・・。
 

 

 オフィシャル動画『茶会シリーズ』

 セックスという行為に対して特別な意味を持たせないことを共有点として、男女が自由に肌の触れ合いを楽しむことができる環境を作ってみよう、これが、フリーセックス倶楽部のルーツです。そして、倶楽部へのお問い合わせ内容の中で、常にトップ3を維持しているのが、会員同士がリアルに交流する『フリーセックス倶楽部のオフ会』に関するものです。

 例えば、「オフ会って、どんな感じなのですか?」とか、「乱交パーティーですか?」とか、「興味はあるのですが、雰囲気が分からないので不安です」等々・・・。
 倶楽部としても、公式WEBサイトや、ブログ等を通じて文字と写真で解説を加えているのですが、自ずと限界があります。例えば、さすがに、雰囲気までを表現するのは難しいと感じていたところです。
 そこで、一大決心をして、『オフ会の再現ビデオ』を作ってしまいました。

 さすがに、倶楽部メンバーの一般女性がビデオ出演することは無理なので((+_+))、そこは伝手をたどって、出演可能な女性を探していただきました。なんと、人気のAV女優さんも参加してくれて、オフ会は、見事に再現されました。男性参加者は、オフ会常連メンバーの一般男性。冒頭の緊張タイムを除けば、途中からは、こちらも自然体で、いつも通りな感じで、参加していただきました。こうして完成したのが、初のオフ会再現ビデオ『ザ・茶会』でした。
 

 

 この日、再現されたオフ会は、『茶会』というカテゴリーに分類されるもので、挿入に拘らずに、非日常空間を楽しもうとするものです。セックスとはイヤラシイものではなく、楽しむものであるという事実が透けて見えるはずです。文字と写真では説明し切れなかった『オフ会の雰囲気』といったものを少しでも表現できていれば嬉しいです。
 そして、その後、オフ会紹介・再現映像としての『ザ・茶会』は、シリーズ化されることになりました。時には、女性会員も素人モデルとして出演してくれることもありました。もちろん、初回作品を会員同士で制作した時点では、そのような展開を予想していたものではありませんでしたが、それぞれ、テーマを持った作品となりました。まさに、茶会らしいと言えます。 
 『ザ・茶会シリーズ』のオフィシャル動画は、深夜のTV番組を見るような気楽な感じで楽しんでいただければ幸いです。そして、オフ会への貴方の参加をお待ち申しあげております。


出版の記録 〜ザ・茶会シリーズ〜

リリース済みの茶会再現動画作品(オフィシャル動画)を紹介します。

ザ・茶会 〜フリーセックス倶楽部のオフ会〜
 一大決心をして、『オフ会の再現ビデオ』を作ってしまいました。さすがに、倶楽部メンバーの一般女性がビデオ出演することは無理なので((+_+))、そこは伝手をたどって、出演可能な女性を探していただきました。 >MORE
 
ザ・茶会2 公開性感マッサージ&王様ゲーム
 桜の季節に開催された某日の茶会に、人気AV女優『間宮純』さんが初参加してくれました。童顔に巨乳という組み合わせは、ビデオ出演以外にも、個人撮影会でも人気のモデルさんです。そんな彼女の、茶会初参加をカメラでフォローしてみました。>MORE
 
ザ・茶会3 AV女優須山南さんが参加した夜
 今回は、現役熟女AV女優・須山南さんが参加してくれました。最初は緊張していた彼女も、自然に会員男性と打ち解けるようになり、間もなくして、流行の『壁ドン撮影』へと移行。その後、お相手男性をしっかりといただいてしまいました。 >MORE
 
ザ・茶会4 AV女優今野由美子さんが参加した夜
  今回は、清楚な雰囲気が印象的なAV女優・今野由美子さんが参加してくれました。本職は女教師で副職がAV女優というプロフィールが何とも萌えるキャラです。 男性参加者はオフ会常連メンバーの一般男性。自然体で、参加していただきました。>MORE
 
ザ・茶会5 フリーセックス倶楽部のオフ会、再び!
 初回作品となった『ザ・茶会』公開から3年経ったタイミングで、再び、本格的なオフ会再現ビデオの新作を作ってみました。今回も、男性参加者は、オフ会常連メンバーの一般男性。女性は2名の初対面を含む4名のAV女優さん。>MORE
 
ザ・茶会6 ポリネシアンセックス体験会
 今回の「ザ・茶会」は、オフ会再現ではなく、リアル茶会、つまり、ドキュメンタリー映像となりました。 テーマは、ポリネシアン・セックスをグループセックス形式で体験・研究してみようというもの。出演、撮影、AD、編集者まで、全てが倶楽部正会員による手作り。 >MORE 
 
ザ・茶会7 女が攻めるセックス体験会
 今回のテーマは、『女性が攻めるセックスを体験してみよう』というものです。いわゆる定説、慣例、思い込みとして、『SEXは男が攻めて、女性は受け身で・・』という考え方が一般化しております。しかし、それは間違った考え方。 >MORE
 
ザ・茶会8 人妻個撮モデルが初参加
 今回のテーマは、『少人数タイプのSEXパーティー』です。さらに、先日、実用性感マッサージを初体験していただいた素人人妻モデルあやこさんが、茶会を初体験するというテーマもあります。いつもとは違ったシーンを見ることがでえきました。>MORE
 
ザ・茶会9 SEXレッスン編
  今回の撮影オフ会、先輩男性会員が、フレッシュな男性会員に、クリトリス愛撫法や膣内愛撫法などのテクニックを指導するという展開になりました。例えて言えば、『SEXテクニック・プライベートレッスン』の再現ということになりました。>MORE
 
ザ・茶会10 男女対抗SEX試合 開幕戦
 今回のテーマは、『男女対抗SEX試合 団体戦』。かつて、フリーセックス倶楽部のオフ会イベントのひとつとして、開催されたことがありました。柔道や剣道の試合同様、それは団体戦として開催されておりました。ルールはシンプル、“イッタラ負け”です。>MORE
 
ザ・茶会11 男女対抗SEX試合 第2戦
 先日、久しぶりに再開となった『男女対抗SEX試合 団体戦/開幕戦』に続いて、第2回目の開催当日になりました。今回も、倶楽部正会員に集まっていただき、紹介動画を撮影してみました。開幕戦での男性チーム敗退を受けてリベンジに燃える男性会員は・・・。。>MORE
 


『茶会』は会員制の交流会です♪

 『茶会』は、フリーセックス倶楽部正会員だけが参加できる会員制の交流会です。したがいまして、参加資格を取得するためには、所定の審査を通過していただく必要があります。
 → 会員システムについては、コチラをご覧ください

 茶会の現場報告や、開催情報については、公式ブログ『フリーセックス倶楽部通信』を通じて情報提供させていただいております。
※会員専用ブログをご覧になる方は、コチラから。


『茶会シリーズ』では女性モデルを募集しています♪

  フリーセックス倶楽部では、ブログフリーセックス倶楽部通信を読んでくださっている女性を対象として、アダルト映像撮影可能な読者モデルを募集しております。
 茶会シリーズをはじめとして、当倶楽部が、直接、管理運営するWEBサイトやブログ、出版物での映像使用を前提としているので、短いインターバルで、撮影をすることができます。プロのモデルさんはもちろん、アルバイト感覚での参加も歓迎です。
※募集概要はコチラでご覧いただけます。  
 


セックスライフ向上委員会ナビゲーション

information

セックスライフ向上委員会

〒106-0032
東京都港区六本木4−8−7 5F
TEL.050-3703-1811
FAX.03-5771-3558

inserted by FC2 system